スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
三日で慣れる
今頃、ウサフェスで皆様盛り上がってる頃でしょうか?

あぁ、羨ましい(^^;)

まぁ、ちょっとした事が色々ありまして、

今回は残念ながら不参加の我が家。


いいんです。

ともえたんと言うウサフェスが我が家で開催されてますから(^^;)

皆様の御報告、楽しみにお待ちしております。


さてそのともえちん。

画像 068

可愛いんです♪

子ウサギ特有の愛らしさもさることながら、

もうたまらんちんなキュ~ツさ(親バカ)



が、脳裏にかずさがいるんですよね・・・。

なんというか、かずさとは正反対の外見のともえちん。

例えば、

画像 113

細面の顔、毛先はグレイでも、中の毛は白くシッポは完全なグレイ。

そして地下足袋模様の足(笑)に耳はフチがグレイ。

そしともえはと言うと、

画像 067

子供ってのもありますが

ネザーちゃんっぽい口吻が短めで

外側の毛は白っぽいけれど中はグレイ。シッポも白。

そして足先は白い手袋(笑)

なので、かずさの影を求めて惚れた訳じゃなく

ともえ自身に惚れたんだなぁ~と思う一方、

たった5ヶ月でまた運命の子を見つけてしまった私自身に

微妙な矛盾と、かずさに申し訳無い気持ちが湧くんです。

かずさと過ごした時間、一緒にいた事、

それが凄く最高の物だったからこそまたウサギを飼いたい。

そして、ともえの事も本気で可愛いと、愛しいとも思えるし

まだ深い間柄ではないけれど、大切だと思う。

でも、かずさはどう思っているかな・・・?とか

頭から離れないんですよね・・・。

こう、うまく言えないんですけど。

でも、それはこれからゆっくりともえと過ごす私を見て

かずさにも喜んでもらえたら嬉しい。

かずさとは別のところで、同じくらいの愛情と関係をともえと築いていきたい。

自分の中でまだ消化できそうにないことですが、

焦らずやっていきたいと思います。

かずさは確かにいたのだし、私の中で消える事はない。

そんな私丸ごとともえに受け入れてもらって、家族になって

ともえにも『母様』と思ってもらえるようにやっていきたい。

かずさはかずさで、ともえはともえで、どっちも大切なウサギで娘なのだから。


なんか、文章が変ですね(^^;)




閑話休題。


さて、我が家に来て三日のともえ。

初日からケージを走り回り、ハンモックにも乗っかって

脱走を繰り返し、餌も物怖じすることなく平らげ

全く新しい環境に来たと思えない素敵っぷりを披露してくれました。

が、撫でようとすると逃げるし、自ら寄って来てもくれません。

まぁ、仕方ないですよね。

元気なだけいいと思うしかないです。

が、二日目。

相変らず餌も普通に食べているので、

かずさの時にお世話になった獣医さんお勧めのペレットを早速買って来て

今まで食べていた餌に混ぜてみました。

ウサギと言うのは気に入らないご飯、慣れないご飯には手を出さず、

餓死するまでも拒否する子は拒否するという生き物だそうです。

ま、すぐには無理だろうな~と思っていたら

即効普通に召し上がられてます・・・。

いや、嬉しい喜ぶべき事なんでしょうがね(^^;)

なんつーか、神経が太い子・・・(笑)

さらに、一日経ったのでと抱っこしてみたら

画像 062

全然びびらないんですけど(^^;)

かずさなんかも、足ブルブルしてたのに

ともえは全然平気(^^;)

画像 065

こういう抱っこも、逃げようともせず寛いでます(^^;)

撫でようと差し出す指にもちょっと寄って来るようになって

なでさせてくれるどころか、初齧りに初舐めまでしてくれちゃいました(≧▽≦)

ウフフフフフフフ・・・・。


そして今日三日目。

なんと、自分から寄って来て、頭を『撫でろ』とおしつけてきちゃいました~!!

さらに

画像 069

解り辛いんですが、

牧草入れの中で横になって寝てたんです(^^;)

この牧草入れ、実はかずさの物なんです。

ケージと一緒に残ってたので、綺麗に洗って入れてみたらですね、

なんか気に入ってもらえたみたいで、

気に入りすぎて横になったのかな?(^^;)



なんか、子ウサギってこんなんでしたっけ?(笑)

ウチに来るウサギは、なんか・・・個性的ですね(^^;)

母が母だからでしょうか?(笑)

ま、この先が楽しみでございます♪
スポンサーサイト
【2008/11/15 22:38】 | ともえ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コタツうさぎ 改
『続 コタツうさぎ』と銘打ちましてはや幾月・・・。

全然続きを更新していないという

ツッコミはさておき、

え~、実は本日、御報告せねばならない事がございます。









新しい娘誕生いたしました!


画像 051

生後一ヶ月とちょっとの女の子(多分)、

命名  ともえ です。


あれやこれや考えたんですが、やっぱり歴史好きなワタクシ。

生き方として憧れる『巴御前』からいただきました。

巴御前とは、源義仲の恋女房の側室で、

が、当時女は家で子供を生み育てるというのが一般的と言うか

当たり前の事だったのに、愛しいダンナ様と共に生きるため、

誰よりも一番傍にいる為に共に戦いに赴き、

それだけあって剣戟・豪腕では並みの男が足元にも及ばなかったほど強かった女丈夫。

さらにかなりの美形の持ち主でと言う女性なんですよね。

う~ん、凄すぎる・・・。

そして義仲亡き後、90歳まで生きたという話も持つんです。


さらに、『ともえ』ですから、

前愛ウサギかずさのように

うさ≪友≫さんに≪恵まれる≫で 『友恵』(漢字違うけど)。

う~ん。ぴったり♪(自画自賛)



このこを迎えるにあたって、そりゃぁ色々ありました。

里親として新しい子を迎えようと思い立ったものの

なかなかこちらの条件と相手側の条件が合わず、

お流れになったのが二回。

ふらりと立ち寄った、初めて行くペットショップで

売れ残りのネザーちゃんに出会い、

しかもちょうどその日がその子の一歳の誕生日だったと言う

運命的な出会いもございました。

ちょくちょく行くペットセンターで、入荷当日から

他の兄弟たちが買われていき、

一匹だけ残ってしまって・・と言うのをずっとみてきた子との出会いもございました。

が、どうも今ひとつ 『生涯を共に』 まで踏み切れず、

またかずさの面影がよぎって踏み込めない所もあり、

う~んう~んと悩む日々・・・。

さらに、私の家庭や家族の事で色々と、

本当にココには書けない様な色々な事がおこり

(命に関わるとか離婚問題ではないので御安心を)

心身共に疲れきって憔悴しきってしまい、

9割がた 『もう新しくウサギを飼う事は諦めよう』と思ったのがつい昨日の事(^^;)

それがま~、たった一日で運命の子と出会ってしまったなんて

笑っちゃうしかありませんがな(^^;)


えぇ、それは今日。

ダンナ殿が久々の休みで、ちょっと買い物に出た時の話。

ふと、『あ、金魚の餌を買わなきゃ』と思い立ち、

かずさの生前によく行ってたペットセンターに向かったんです。

ウチには今金魚が12匹(^^;)

一ヶ月ほど前に金魚すくいですくったのが一匹も脱落せず、

デカイ出目金やコメットと言う金魚すくい出身では余り長生きしない種類のも

元気過ぎておりまして、これがまた餌を食うんです。

なので、大きめサイズの金魚フードを売ってるのがそこしか知らなかったので

行ったんですがね。

そこにですね、いたんです。

一目見て、心臓バクバクドキドキ、もうたまらん~♪

な子が。

他に兄弟ってので4匹ほど一緒にケージにいたんですが、

もうその子だけ(^^;)

その子にしか目がいかなくて。

でも、ダンナは目つきが悪い、何故かダンナ殿の指だけ噛む黒い子を気に入り(笑)、

娘は娘で違う子を気に入り、

私は私で心臓ドッキンドッキンしながらも、

何故か物凄くかずさを思い出してしまって、

泣きそうになってしまったので、『今日は無理』とその場を一回離れて、

本来の目的の店に向かいました。

その店に着いた時に、かずさ並の運命を感じたものの、

今の状況では飼えないし、無理だな。

なにより、かずさの事が忘れられなくて頭から離れなくて、

もう涙が出る寸前。

やっぱり諦めようと、こんなんでは新しい子なんか迎えられないと思っていたら

さぁ帰ろうと車に乗った途端、『じゃ、さっきの店戻るから』とダンナ殿の一言。

『え?いや、今日はいいよ。ってか、坊ちゃんも今寝ちゃったし、

今は飼えない状況だし・・・『いいから!行くから。飼うから。

ハイ決定。坊ちゃんはすぐどうせ起きるし。』
とさらにダンナ殿。

嬉しいより困ったな~と思いつつも、到着してもう一度会ってみたら

やっぱり胸ズッキュン(^^;)

顔が可愛い子も、毛色がいい子も他にもいたんですよ。

本当の美ウサギって子も。

でも、なんかこの子から目が放せない(^^;)

やっぱり目が離れない(^^;)

しかも、『あら?またいらしてくれたんですか?』と

店のお姉さんにも気づかれ、『ちょっと抱っこしてもいいですよ?』と

ケージを開けた途端一番にやってくる(^^;)

抱っこしても全く暴れないし。

もうね、なんつーか、ダメね(^^;)ここまでくると(^^;)

で、黒がいいと言うダンナ殿、涙浮かべながら「こっちがいい」と言う娘を振り切り(鬼母)

「この子でお願いします・・・。」

言っちゃいました(^^;)

言わずにおれようか?いやおれまい!!

まぁ、それで必要な物を一緒に買い込み、

ペットセンターの規則と言うのでペットを飼った人にすると言う説明等々を受け、

まだどこかで「かずさ、ゴメン」なんて引きずりながらも

その子と家路を共にしました。



で、まだかずさを引きずる車中の私。

ふと、その子の入った箱に耳を済ませると・・・音がしない。

動いてる様子もない・・・。

ウサギと言うのは神経質でして、小さい箱に詰め込まれ、

ガタガタ動く車の中と言うのは不安の塊。

ガサガサ動いて当然なんですが、全く物音をたてない。

ちょっと心配になって箱を開けてみると・・・


足伸ばしてくつろいでんですけど?!

まぁね?センターにいた時も、ケージの横の金網をよじ登ったり

跳ねて飛び回ってた元気な子でしたけど。

ちょっと威風堂々過ぎやしないか?(^^;)

で、なんか肩の力が抜けまして。

さらに家に着いて、かずさのケージを物置から出してきたり

水ボトル設置したりして生活空間を作り、ケージの中に入れたらですね?

画像 053

試しに設置したウサギハンモックに早速乗ってるんですけど(^^;)

画像 058

掘って遊んでんですけど(^^;)


さらには、すぐ餌を食いだし、『ココは自分の家』的態度で歩き回り、

画像 052


早々に脱出開始(^^;)

画像 056

傍に置いてた猫草まで抜け出して食う始末(^^;)

うん、この子で間違いなかった(笑)

体が小さいから、うまい事隙間から抜け出せれるんですよね(^^;)

そして、抜け出してコタツの周りで遊ぶ遊ぶ(^^;)

●までしてくれちゃいました(笑)


なんか、一切の杞憂が吹っ飛んじゃって、

「かずさの妹として、この子ならかずさも喜んでくれる!間違いなし!」

と、今日の満月と、かずさの遺骨に

「安心して。母様の面倒をしっかりあんたに代わってみてくれる子だから」

と報告いたしました(笑)

今は抜け出し防止に四方を家にあった網やバックで囲い、

出られるところを探して動き回るともえ。

最初に入れた餌も「食べるかな?」と心配したのもなんのその

きれいに平らげ、沢山●もし、

お転婆ぶりを発揮してます。

本当に今日ウチに来た子よね・・・?




という訳で、また名前を変えまして

コタツうさぎ 改  と言う名で

二代目愛うさぎ 『ともえ』ともども

よろしくお願いいたします。


長々とお付き合いくださり多謝!
【2008/11/14 01:39】 | ともえ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。