スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
狙いすましたゴロン
一日経って、まぁ色々落ち着きました。
息子もいつも通りのおバカに戻ってます(笑)

決してもうすべてが解決とか
そんな事実はなかったと言う訳ではありませんが
先生と話せた事、自分の気持ちを出せた事が
なにより息子にとって自信も力も勇気も与えたようで
きっと、自分でなんとかできるようになってくれるでしょう。
しばらく私も要観察でいようと思います。
息子の自立の一歩でしょうから。

そして思ったのは
息子が笑顔になった事、息子が笑顔でいられる事、
これだけで、結構幸せなんだと思って満たされたり(笑)

本当の幸せってきっとこういうものなんだなぁと
変な悟りを開いてみたり(^^;)

きっと何回も言ってる事ですが(成長してない証)
「幸せこそ身近にある」なんて・・・ね(笑)



さてさて、そんな我が家の幸せの伝道かずさおぜう様。
ゴロン

(汚いカーペットカバーですみません。
もう落ちないシミなんです・・・)

ストーブの前でPCをベソベソやってると
狙いをすまして人の足にぶつかるように
ゴロンしてきます。

軽く叩かれる衝撃です(^^;)

私に恨みつらみが溜まってるのかな~と思うのですが



甘えたいだけ?

「ゴロウサ~ン」

甘えたいだけのようです。

温かいストーブの前、甘えるウサギ・・・。

至福の時です~~~♪

ランキングに参加しています
応援よろしくお願いいたします

   ↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
【2006/12/23 11:42】 | かずさ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<夢の実現が音を立てて崩れた・・・。 | ホーム | 攻撃の基本を抑えたうさぎ。>>
コメント
かずさちゃんがお子様たちと同じくらいに癒しなんですね^^
我が家ではハグハグできる娘はもういないので
リッチが被害者ですわ^^;

昨日、コメントしそびれちゃって・・・
またコメントしていいですか~
息子さんのこと、読みました・・・
そんな小さい子の世界にもいじめがあるなんて
日本がいかに悪くなったか・・・と思いました
私の子どもの頃は、ガキ大将がいて、子分みたいな子がいたけど
いじめなんてあったのかな?
中学生・高校生くらいのころは、いじめがあっても負けるな、立ち向かえ、と教えられた気がしますが
今は、違いますね
最近は、逃げろ!というでしょ
イヤなら学校には行くな、いじめる子がいるところに身をおくな、というじゃないですか
逃げることは恥ずかしいことではない、そこにいなければいいのであれば
離れればいい・・・とそう教えられるんですよ
逃げもあり・・・ってことです
いや、逃げるのではありません
バカな人から離れるのです

みゃんこさんのお子様は小さいときにそんな経験をされ
きっといじめは良くない、とわかるお子様に育たれることでしょう
大きくなっていじめを見つけたとき、彼なりの判断ができる子に成長されると思いますよ
でもやっぱり、幼い子のトラブルは親の出番あり、と思います
小さなサインも見逃さず見守ってあげてくださいね~
意外と冬休みが終わるとけろっとしているのでは・・・と期待しています
ちなみに・・・
うちの娘、いじめの経験はなさそうですが
それでもしょっちゅうそんな話をします
だって、自殺が一番多い年代ですからね
そして、最後には必ず、イヤだったら学校はやめていいんだよ、と言ってます
ガマンしながら行くとこじゃない、命を大事に・・・
死んでしまった子は、天国からコチラの世界を覗けたら
家族や友人の悲しみを見て、必ず死んだことを後悔している・・・と話しています
うちは女子校なので特に気になり、地域を離れた学校に行っているので親からの情報は保護者会のみ・・・
なるべくたくさんのママ友さんを作るようにし
お互いの情報を教えあいましょうと話しています

みゃんこさんのところのこととは違うことですが
気になってコメントしてしまいました
長くなってすみません
【2006/12/23 20:22】 URL | まゆママ #-[ 編集] | page top↑
羨ましい、甘えうさぎだなんて・・・(;´Д`)
空くんは我が道うさぎなので、
ちっとも甘えてくれませんです・・・(涙)
【2006/12/24 01:42】 URL | しもサン #-[ 編集] | page top↑
>>まゆママサマ
昔から、子供の世界にもイジメはあったと思うんですよ。
ただ、年々陰湿・陰険な『子供らしくない』様相に変化してきて
大人の世界とタメをはるほどいやらしい物に
なってきているようです。
一例をあげれば、私の身近な話として
幼稚園の頃の別の組での事ですが
最初に仲良くなったグループから出る事も
離れる事も他に入る事もできず、
『戦いごっこ』と呼ばれる
殴り合い(戦闘ヒーローの真似らしいのですが)が横行し
敵役が二人の子だけに固定してしまった上に
リーダー格の子の気に入らない事は絶対ダメで
話しが合うようにゲームや本の世界に詳しくならねばならず
イジメの様相を段々増してにいき
その敵にされた子はついに登校拒否スレスレまでなってしまい、
その子達の親と先生と話し合い、注意してもダメで
クラス替えを何年かぶりで行った事がありました。

担任も厳しくさっぱりした性格の先生が受け持ち
クラスの子も長年その幼稚園にお世話になってる母や
サークル・学級委員など結構盛んな幼稚園の中でも
特に頑張ってらした方たちが揃い踏み(笑)
徐々に変わっていくようにしたらしいのです。
(ちなみの幼稚園の方針は子供にゲームもテレビもいらない。
自然の物と自由な子供の発想力の遊び、
親の読んでやる絵本が何より一番で
キャラクター製品は幼稚園では禁止!
親もその努力を。。。と言う感じだったのですが。)

話しがずれましたが、そんな世界になってるようです。
怖いですよね?身近な話しでも
本当?と疑いたくなるような話しです。
幼稚園児で、しかも自然派の考えの幼稚園でですよ?
そんな時代らしいです。
たとえ一部と思っていても何処でも起こりうることかもしれません。
たまたまその子が特別って訳でもないのです。
そのリーダーの子は現代今時の男の子タイプで
ゲームもアニメも戦闘物も好き。
その子の親も、今時の大人って感じで
ゲームだって今時の母がやらせる位にさせてるくらいで
特に激しい性格でも荒ぶるって程でもないです。

怖いでしょう?

あれ?また脱線・・・。
ついまゆママさんだと母友感覚で茶のみ話のように語ってしまいます(^^;)

え~と・・・、今のところ
大分息子は落ち着きました。
多分今回の事に関して私が目くじらを立てることは
なさそうです。
しばらく要観察ですね。
でも、母と子の対話って本当に大事だと思います。
例えすべてを話すわけではないにしろ
「話しを聞いてくれる」「安らげる」「守ってくれる」と言う気持ちは
子供にとって重要な、必要な事だと思うのです。
そのためにも親同士・学校との連携は必要ですよね。

自殺された子供達は、本当に思いつめて何処にも逃げ場が
見出せなかったのだろうと思うのです。
死ぬな!とただ言うだけではなく
死意外に違う道をさがせられる方法、
その道を教えてあげるのも
大人の役目かな?と思ったり。

なんだか纏まりも無く長くてスミマセン。
今度メールででも(笑)
あ、そうそうリンクさせていただいてよろしいですか?

【2006/12/24 13:28】 URL | みゃんこ #-[ 編集] | page top↑
>>しもサンサマ
気の向いたときだけです(^^;)
普段は覇王の六天魔王ですから(笑)

わが道を行く空君、男らしい~♪(><)
【2006/12/24 13:30】 URL | みゃんこ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kazusanosukemyannko.blog65.fc2.com/tb.php/177-c71a8a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。