スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
長い独り言
なんだか書きたい事は沢山あっても

うまく言葉にできないでいます。

あれからもう二週間ですね。

ちょっと前までは一日が長く、一週間や一ヶ月といった

まとまった日にちは早く感じたのに

今は一日が早く、まとまった単位の日にちが長く感じられています。

そして、日常の生活と日々の生活と言う優しさと残酷さに

かずさが段々『思い出』になりかけています。

いままではかずさがいるのが当たり前で当然の事だったのに

「あ、かずさのバナナ供えよう」とか

「今頃お月様でアンコ食ってるよな~。私の手作りのとどっちが美味い?」とか

ふと考えているのがその証拠のような気がします。

今までは考える余地も無いくらい『居る事が普通』でしたから。

かずさは私の娘であり、親友であり、恋人であり、母であり、

人間付き合いが下手な私にとって誰よりも傍にいた、

本音と建前を使わずに、素直に受け止めて向き合ってくれた大切な片割れなんですよね。

何度か経験してきた別れも今までは

『命あるもの、いつかは終わりがくるものだ』と、

物凄く悲しい事だけれど

どこか諦めと言うか、

ドライに割り切って泣くだけ泣いたら前に進もうと

どこか冷めたところのある人間だった私が、

なんだかとても今大きな喪失感だけは拭えずにいます。


『ペットロス』

言葉にするとなんだか簡単なことのように感じてしまうのですが

ただ一言だけじゃ語れない、これがペットロスだ!

と言えない大きなものを含んでいると思うのです。

人間はどうしても本音と建前を使い分ける生き物ですし

誰であれ『生身のそのままの自分すべて』を受け止めることは

伴侶や家族、もしかしたら自分自身にさえもできない事かもしれません。

でも、半分妄想に希望が含まれていたとしても

ペット達はそれをしてくれる。

どんな自分でも『飼い主』として家族として、それぞれの愛情方法で応えてくれる。

受け止めてくれる存在なのではないかと思うのです。

だからこそいなくなって心のそこから悲しいし、

そしてそれだけの沢山の愛情をくれたのに

その気持ちに応え切れなかったような気になって

もっとああしてあげればよかった、こうしてればよかった、と

後悔や悔恨や、自分を責める気持ちがどんどん膨らんで

ますます喪失感に、いなくなった悲しみにはまり込んでしまうのだと思うのです。

大切な家族。誰よりも心に寄り添ってくれる存在。

それがいなくなる辛さ、苦しさ、淋しさ、悲しみ・・・。

どれだけ深いか、想像にかたくありません。

けれど、だからこそ泣きたい時は思いっきり泣いたらいい。

辛い、苦しい、淋しい、悲しいと思いっきり喚けばいい。

話せる相手がいれば、わかってくれるひとがいれば

少し甘えさせてもらって言える事を言いたいことを聞いてもらえばいい。

そして、無理に『過去』にする事も、『思い出』にする必要もない。

確かにいたのだから。一緒に過ごしたのだから。

そして、いつか。

いつか、ゆっくり顔をあげて『幸せだった。出会えて本当によかった』と

前を向いて歩き出せればいい。

心の中に生きているその子と一緒に。

きっと、それまで待っててくれる。

そこまで、優しい伴侶。

それがいわゆる『ペット』と言われている生き物達なんじゃないかなと思います。

そんな事を、ふと思った今日の私でした。



かずさと出会って、沢山の事を学びました。

かずさと私自身に関してはまだ言えないけれど

現在のペットの問題、捨てられている命、毛皮の事、食肉について等など、

今まで知らずに何気なく生活していた、

いや、薄っすら感づいていながら見ないようにしてきたことも

考えないようにしてきた事も

かずさと生活するようになって、ブログを始めてから知った事が沢山あります。

私如きの半端な知識やまとまってない言葉で語る事は到底できる事ではないし、

また中途半端に語る事や、闇雲な感情論や知識で半端な正義感を振りかざすのは

その動物たちに対してかえって失礼だと思うので

ここでは自分の気持ちだけ陳べさせていただきますが

『失わなくていい命は奪わない』

という事を胸にいつも持って生きていきたいと思います。

生きていく為には、沢山の命を頂かなくてはいけません。

動物の命も、植物の命も、

沢山の恩恵を受け、今こうして生きていられるのです。

それを、声を大にして伝えれるだけの知識も勇気もない私ですが

まずは自分から。

そして家族や友人と、最初は小さい一歩でも

少しずつ、伝えていけれるような自分になっていけたらと思います。

これも、かずさが教えてくれた事、

かずさが残してくれた物だと思うのです。




なんだか訳のわからない独り言になってしまいました(^^;)

言葉に、文字にするという事は自分の気持ちを伝えるだけじゃなく

自分自身の気持ちの整理と考えをまとめる行為だと思うのです。

ノートの端っこでやっとけとか思ったのですが

なんとなく、ここに書きたくなった私をお許しください。





スポンサーサイト
【2008/06/24 06:56】 | かずさ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<生タラコ | ホーム | 御報告・追記>>
コメント
ノートの端っこじゃぁなくて
ココにひとりごとを残してくれたみゃんこさんをみて
ちょっと安心したと言うか 嬉しい気持ちです^^
みゃんこさんの心の中で生き続けるかずさちゃん…
きっと今まで通り これからもみゃんこさんの支えになってくれますね^^
って言うか 私からもよろしく頼むよ!!ってカンジでしょうか~
【2008/06/24 10:49】 URL | タップママ #-[ 編集] | page top↑
初めてコメントします!!

以前から、時々訪問させて頂いています。
(読み逃げでしたが・・・)
今日の更新を見てめちゃめちゃ応援したくなりました!!
がんばってください!!!!


【2008/06/25 07:51】 URL | ルカ #-[ 編集] | page top↑
>>タップママサマ
本当にタップママさんには沢山心配と
励ましをいただきまして。
こうして書けるって事は、何かがちょっとだけ
自分の中でも動き出したのかな?と思います。
多分、かずさには一生世話になり続けると思います(笑)
しかたない母様ですね~とか言われつつ。
本当に、今も昔も支えでした。

だからこそ、前向かなきゃね♪




>>ルカサマ
御来訪&初コメありがとうございます。
読み逃げでもなんでもお付き合い下さり、
本当に感謝です。

立ち直って真っ直ぐ歩くにはまだ時間がかかりますが
でも前向いて頑張ります!応援感謝!
【2008/06/26 18:40】 URL | みゃんこ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kazusanosukemyannko.blog65.fc2.com/tb.php/333-0746b830
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。