スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
生タラコ
かずさは女の子でした。

たまにそんな性別を忘れさせるほど『カクカク』しまくったり

ダンナ殿に襲い掛かるような気の強い子でしたし、

本名は『上総介信長』なんて言う名前なんですが

れっきとした女の子。

なので『タラコ』、

正式名称『ウサギのタマタマ』(笑)は持ってませんでしたので

初めてウサギを飼った私には馴染み薄く、

また他の子の画像でチラっと拝見する事はあっても

生タラコを見た事は皆無に等しいと言っても過言ではございません。

ニャンワンのお玉さんは多少は知ってますし、

息子も『見て~♪ムササビ~♪』と言って広げて見せてきたり(^^;)

毎日坊ちゃんのオムツかえでコンニチハしてますから

人間のもなんとなくわかります。

本当、ウサギのタラコさんだけはペットセンターとか行っても

居るのは大概まだ成長しきらぬお子ちゃまなので見え辛く、

触れ合い牧場なんかでもいるのは殆ど女の子(男の子同士は喧嘩したりするらしいので)。

イメージとして、『体にくっついてるピンクの物体』としか

思ってなかったんですよね。恥ずかしながら。



で、昨日。

ダンナ殿に連れられて、ペットセンター併設のホームセンターに行ったんです。

正直、ブログのウサ友さんのウサちゃん達を見て

『今日も元気だ♪相変わらずかわいいの~♪』なんてはやってますが

まだ生身のウサギには会える心境でもなく、

かずさの影ばっか追いかけて、坊ちゃんが寝たり一人の時間になると

かずさのケージを眺めて2~3時間は平気で潰しちゃうような状況で、

こないだダンナ殿が忘れ物を取りにふと家に帰ったら

真っ暗い部屋で眠る坊ちゃんの傍ら、

涙を流しながらついてないTV見つめて薄ら笑いを浮かべる私がいたそうで

(私自身は無意識(^^;))

こりゃ末期だわ・・・。と、

無理強いはさせないし、まだ新しい子を迎えられる状況ではないけれど

でも動物好きの私がペットセンターで動物を見れば少し元気になるかな?と言うのと

いつまでもかずさの事ばっか考えてないで

色んな他の子も見ろよと言う荒療治で連れてったらしいのですが、

まぁ、まんまとその作戦に引っ掛かりましてね?

辛いし見れないとかブツブツ言いながら周りウロウロしてまして、

最後には小動物コーナーとして仕切られてる所にまんまと入った私なんですが、

幸か不幸か中には陸ガメを見てる家族連れの方たちと、

鳥に話しかけまくってる御年配の婦人方とで、

一番奥のウサギさん達の所に行けなかったんです。

で、ハムちゃんや鳥、爬虫類達を坊ちゃんと見てたんですが、

そこでチラっと、ウサギの種類と値段の書かれた札が見えたんです。

そこには『ネザーランドドワーフ ♂ 1500円』なんて書いてまして。

ネザーで1500円ってあんたちょっと・・・?と驚きまして

御年配の婦人の後ろを「スイマセンスイマセン」と無理くり通り抜けて

そのネザーちゃんのところに行ったんです。

耳は確かにネザーちゃん。大きさもそうかもしれない。

でも、顔はどっちかと言うとミニウサギ系の、

ネザーちゃんの丸っこい顔じゃなかったんです。

かずさほどではないにしろ、ちょっと面長目の子で、

『詐称してるからこの値段か・・・?』とも思ったんですが

それにしても安すぎ。

雑種と言われるミニウサギだって4000円はします(かずさはそうでした)

が、その隣のケージにいた二匹は、

『ネザーランドドワーフ×ライオンラビット 1000円!!』

一匹はライオンちゃんの毛並みに顔で、

もう一匹はネザーちゃんにちょっとライオンの毛並みが入ってる感じ。

でも1000円って・・・。

で、よ~く見てるとよくペットセンターでは子ウサギを売ってますが

大人なんですよね、顔も体の雰囲気も。

・・・売れ残っちゃったんだ・・・。と悲しくなったんですが

なんだかネザーちゃんと書かれてる方の子の面長っぷりや

目の前にこんな怪しい私がいるのに、長くなって寝てるだけでなく

『ゴロン(柔道の受身のように豪快に寝る事。よっぽどリラックスしてないとしない)』してきまして

もうかずさの幻影みまくり探しまくりで

小一時間ほど眺めてました(笑)

かずさの影を見てるうちは、新しい子はお迎えできません。

その子はその子、かずさはかずさで別のウサギなんですから。

かずさと比べたり、面影探してばかりでは

その子をただ一匹として受け止めることは、私にはできそうにもなく、

面影を探す事がいいか悪いかは、個人個人の考えでしょうが、

私はかずさもその子もそれではたまったもんじゃないだろうと言う考えなので

本当にただ眺めてニマニマかずさの事をその子に見てたんですが

ふと、そのネザーちゃんが立ち上がって、

ピョコンピョコンと餌の方に跳ねてったんです。

そしたらそのとき、後ろ足の間から

ブラ~ンダラ~ンとしたものが!

え???

なんですか???今のピンクのブラブラは?

と正直本気でびっくりしました。

え~と、腫れてるようなデカサでもなく綺麗なピンクで色艶なんだけど

なんでここまで垂れ下がってるの??!!

体にくっついてるもんじゃんくて、

本気でぶら下がってるもんなのか?

色と形はタラコでも、本当の姿は『さくらんぼ』じゃね~か!

とマジビビリしまして(^^;)

記憶の中にあるウサ友さんのタラコさんを思い出しても

どうしてもそんなサクランボは思い浮かばず、

『もしかしてこの子、なんかの病気・・・?』と頭をよぎり

居てもたってもいられなくなりました。

が、店員は親子連れの亀を見てる方に付きっ切りだし

飼う気もないのにアレコレ聞くのも失礼かと思い、

万が一本当に病気で、それでこの子が売れないからと殺処分になったり、

ましてやその病気込みで、この破格の値段になってるのかとか

どんどん考えが混乱してきまして、

急遽男の子のウサ友さんに

「お宅のお子様のタラコはどんなんですか?

ブラブラしてます?」と

それだけしか入れない、受け取った方も困っただろう

かなり怪しいメールを打ちまして(笑)、

返信を待ったのです。

私の取り越し苦労と物知らずの思い込みならいいんですが

万が一病気でタラコさんの皮が伸びきっちゃってるんだったら、

命に別状はなさそうだけど治療はしていかなきゃないよな?

かずさを飼ってからわかったけど、こういうペットセンターって

規模は大きくても、結構動物の扱いがいい加減で適当で、

もし何も知らない初めてウサギを飼う人達の所にこの子が行ってしまって

そこで病気だなんだと一悶着になったら

一番かわいそうなのはこの子で・・・とか

大騒ぎにならなくとも、誰にも気付かれず助けられた命を

散らしてしまう事になっちゃったり・・・とか

折角ミミズの涙ほどでもウサギの知識があって、

信頼できる獣医も近くにいるこの身のくせに

そんな子を放っておいて見過ごすのが果たしていいことなのかな?とか

どんどん考えはエスカレートしまして、

しまいには

『宿命は、いつ何処にどんな状況でを選べない状態。

つまり私が29年前に宮城の片田舎に人間の女として根暗の不器量に生まれてきたことは

誰にも選ぶ事も決めることもできないものだけど、

運命ってのはある程度自分で選べる物。

結果はどうあれ少なくとも、選択する余地もあるし、自分で選んでいくものだから、

この子との出会いも、運命として自分が受け入れれば運命なんだよな。

かずさだって一目惚れしたとしても、

あの時買いに戻らなければそこで切れてた縁。

今ここでこの子にあって、一緒に闘病していくのも

運命なのかもな~』とかまで考えがとまらなくなってしまいましてね(^^;)

『よし、ウサ友さんの返事次第で、病気か、

それとも病気じゃなくても先天的タラコ異常の子なら、ウチに連れて行こう。

そういう子を引き取ったとなれば、かずさも許してくれるし

私もかずさの面影にしがみ付かずに異常も何もその子の個性として

受け取れるだろう。』とかなんか偉そうな事まで思ってしまって(^^;)

そんなご大層な人間なんかじゃないくせに、

なんだか聖人になった心境でおりました(笑)

ハイ、のり易いんです、私(^^;)




が、それをダンナ殿に伝えましたらこっぴどく叱られました。

『オレは病気とわかってて飼うのは反対だ。

だって、それで万が一また死んだとしたら、お前絶対落ち込むだろう?

助けられなかったとか言って泣いてさ。

死ななくても、病気が可愛そうだ、辛そうだって泣くだろう?

それでまたどんよりして泣きはらすお前なんか見たくないね。

飼うなら、元気で健康でかずさよりも長生きさせて、

お前が笑ってる方がいい。

じゃなきゃ意味がない!』

正論です。

病気のこを引き受けるとしたら、本当に並大抵の覚悟では無理です。

治療費も、治療自体も、その子との暮らし自体も、自分とその子の気持ちも・・・。

簡単に決めていいことではないのです。

簡単に引き受けてもいけないことなのです。

一時の感情で、かわいそうだというだけの感情で、

ましてや我が家は子供が三人。

愛兎を亡くしたばかり・・・。

でも!でも・・・。見過ごす事もできなくて。



が、タイミングよくと言うか悪くというか、丁度閉店の時刻になりまして。

今日すぐこの子を連れ帰ると言う選択は消えてしまったので、

とりあえず、ウサ友さんの返事を待とうと。

それから、自分に何処までの覚悟と踏み出す気持ちがあるかじっくり考えて、

その上でダンナ殿も納得できる、自分も後悔しない運命を選ぼうと思ったのです。





結果はと申しますと、今回は縁がございませんでした。

その後、ウサ友さんから返信をいただき、

こんな突拍子もない質問に丁寧に答えてくださって

とあるお方には事細かに例え話も交えて(わかりやすかったです!

ちょっと過激な怪しい路線にドンドコ走ってすみませんでした(笑))説明していただき、

とりあえずそのネザーの子は『タラコの立派な子』であり、

爬虫類もいる暖かめな部屋なのでちょっと伸びきってぶら下がったんだろうと

結果が出まして、

まぁ、早い話が私の勘違いと、

また要らぬ取り越し苦労の考えすぎと言う

なんだかかんだかな話でございました(^^;)

そんな訳で、売れ残りの子ではありますが

病気でないのならば、きっといつか私なんかよりももっと素敵な家族が見つかるかもしれない。

今の我が家の私の状況で普通の子を迎えるならば

絶対かずさを追いかけてしまうし。

その子の幸せを願いつつ、かずさの時のように

シューマッハを越える運転をして迎えに行くこともなく、

またひっそりウサギを思いつつ暮らしていこうと思ったのです。



・・・しっかし、本当要らぬ余計な事を考える頭を持ってしまったな、自分。

そして、やっぱりもう少しウサギと言う物を理解しないと(^^;)

タラコの事で、ここまで大騒ぎできる私って・・・。

と、ちょっと自戒と自粛を込めての本日の記事でした。


























スポンサーサイト
【2008/06/26 18:34】 | かずさ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<35日の一区切りを終えて | ホーム | 長い独り言>>
コメント
(*゚∀゚)ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
みゃんこらし~ねぇ(´、ゝ`)フッ

何だかんだ言っても、優しい女だよアンタは。
ネザー1500円、ライオン×ネザー1000円だったら大人とはいえ買うかもなぁ。だって小さいじゃん。
うちの黒ウサギたちよりも小さければ飼いたいけど・・・基本、外飼いの我が家ではチビッコウサギ達とて例外じゃないからなぁ。うん。
夜はケージだけど昼間はウマウマゾーンに野放しになると思うし・・・。
またまた、子うさぎが生まれたみたい(あゆが確認)だし、猫達にやられる前に捕獲しなくちゃ!

ちなみに、うちのチャコ(♂)のたらこも立派ですわよ(Ф∀Ф)フフフ
【2008/06/27 09:05】 URL | いのっち #-[ 編集] | page top↑
私も初めて生タラコを見た時はペットショップでびっくりv-19でした。
「だら~ん」状態は写真ではお目にかかったことがなかったので単純に「これが男の子か。。」と思っただけでしたけど、でもそのお値段は気になりますよね。。
ネザーちゃんとライオンネザーちゃん、よい方とご縁があるよう私もお祈りしています。

【2008/06/27 15:01】 URL | ram #-[ 編集] | page top↑
♪タ~ラコ、タ~ラコ~立派な~タ~ラコ~♪

まさしくこんな歌がぴったりの子だったんですね。
この子たちに素敵なご縁がありますように、ただ願うばかりです。。
【2008/06/28 17:30】 URL | しもヨメ #-[ 編集] | page top↑
>>いのっちサマ
もうさ~、なんたって『純情♪』だから(笑)
タラコさんなんてもっと可愛いもんかと(^^;)
なんか自分、中2病にまだかかってるのかも(笑)

あたしゃ優しくなんかないよ。
言わば『偽善者』よね。
頭ン中で考えるだけなら誰だって聖人君子になれるわけで。
結局行動に移すこともできないくせに
ウダウダこうやってるもんだから
余計性質が悪くて腹黒い(^^;)
参ったね~。
劇ン時から結局成長してなくて
同じ事繰り返してばっか。
自分修練にもっとはげまないといけませんわ(^^;)

お義父さん、お疲れ様でした。
それでもちゃんと前向いて皆を支えたいのっち、
やっぱ『漢』だぜ(笑)
本当の優しさ知ってんのあんただよ。
私も、爪の先くらいでもできるよう頑張る!

>>ramサマ
タラコ、衝撃ですよね?やっぱり(笑)
まさかまさかあんなんだったとは・・・。
多産なウサギの理由がわかった気がしました(^^;)

値段もびっくりでしょ?
絶対なんかあるとしか思えなくてもう・・・。
でも、きっといつかよいご縁があると信じます。
命は幸せになるために生まれてくるのですから。
踏み出す勇気の無かった自分が
こんな事言っちゃうのがまた腹黒いというか
情けないのですが。


>>しもヨメサマ
♪タラコ~タラコ~たっぷりタラコ~♪
なんて返歌を歌いたくなるくらい
本当に立派なサクランボで(笑)

その節は大変お世話になりました(笑)
そんなしもヨメさんが大好きだぜ!(爆)

心から彼らが幸せになってくれる事祈ります。
そしていつか『タラコうさぎ』とか『サクランボうさぎ』とか
ブログになってくれたりしたらいいな♪
・・・ってできない自分が言うのもおこがましいですが。
【2008/06/28 17:50】 URL | みゃんこ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kazusanosukemyannko.blog65.fc2.com/tb.php/335-e2cb4d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。