スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
我が子探しの旅
さて。

新たなる決意を胸に秘めたものの

もうすでにニヤニヤうきうきしている私(^^;)

そして、それ以上にワクワクしてるダンナ殿(^^;)

実は、天敵関係にあり、終生ライバルとして死闘を繰り広げてきたダンナ殿(笑)

が、私よりもかずさに対する悲しみを引きずっていたようです・・・。

私が散々泣いて呆けて意気消沈していたため、

自分まで落ち込んではいられないと頑張ってくれてたようです。

仕事があるから!と、見ないように触れないようにしていたせいか

余計、帰宅後に襲われることの無くなった生活(笑)、

自分を見て威嚇してくる子がいなくなり(笑)

喜んで出迎えてくれる三人の子だけで

『自分は家庭を省みないのにここまで愛されて慕われていいのか?』と

かずさに襲われ邪魔者扱い(笑)されるのが

かえって自宅不在の多い自分の自責の念の払拭と戒めにもなってたようです(笑)

素直に愛されるのは当然嬉しいけれど、

自分は何もしていない、できないのに

悪いな~とかごめんな~とかの贖罪を、かずさが引き受けてくれてたんですよね。

かずさに忘れられてしまわないくらいには家にいないとな~とか

子供達の不満の分もかずさが変わってお仕置きしてんだよな~とか。

どこまでドMで複雑なんだ、ダンナよ・・・。

素直に出せない分、心に秘めていた分、

立ち直りに、かずさのいない事に、最近になってようやく自分の中で少し整理ができたようです。

そしてそれ以上にかずさのいない淋しさに、お互い耐えられなくなってきたのかもしれません。

かずさも含めて『家族』。

そういう構造が、すでに我が家にはできていたのですよね。


なので、昨日久々のダンナの休み。

普段なら電気屋巡りや自分の買い物をしに行くか、

子供達が帰ってくるまで寝てる人が

お昼前には自ら起きて『ペットセンター巡り行くぞ!!』と言い出してきました。

私の気持ちから言えば、里子さんを望みたい気持ちが強かったんです。

かずさを飼って、いろんな事を知りました。

動物看護の学校でもなんとなく聞いてはいたけれど、

実態はもっと酷く、悲しい事も多いウサギ。

私如きができるのは大河の一滴に過ぎないかもしれないけれど

小さな一滴さえもなかったら、水溜りにも池にもなれない。

沢山の一滴が集まって大きな何かに変わって行くのだから

自分もその一滴になってみようかな・・・と

自分にひたってウットリしてました(^^;)

でも、実際ネット等で検索してみても

なかなか近郊在住での募集が少なく・・・。

関西の方では結構多かったのですが、

空輸や長距離陸送などはウサギの体に負担をかけすぎてしまうし、

一度お見合いをしてみないとと言う気持ちもあり、

子供を抱える身ですから、自分の足で行ける範囲、

受け取れる範囲でないと無理だなと言うのは私の中での最低条件なので

ある意味里子・里親も縁。

気長に探しつつ、ペットセンターでご縁を探してみるのも

悪くはないかな~と、

何よりもうウサギが見たくて見たくて堪らない状態だったので

5分で化粧と着替えを済ませ(笑)、一路ペットセンターに向かいました。

3件ほど周ってみたのですが、

可愛い子は沢山いました♪もうラブリ~でキュ~トでキャピキャピの!(古)

ウサギパワー沢山補充してきました♪

・・・でも、こうこの子を我が子に!!とまでは

感じられなかったんですよね(^^;)

かわいい~♪とは思ったけれど、

それだけでお迎えする訳にもいきませんし

可愛いだけならなんでもいいって訳にはいきませんもの・・・。

そんな事をしたらかずさにも怒られてしまいます。

それに、以前気になってた子達(サクランボタマタマ・1000円の子等)

は、もうすでにお店にいませんでした。

きっと、私ではないご縁があったんでしょうね。

やっぱり、ご縁はタイミングなんだな~と、

いつでもある訳じゃないんだな~と強く思いました。

なので、気長に気長に!!

ゆっくり探していきたいと思います♪


*余談ですが、ダンナ殿はフェレットのケージにへばりつき、
獲物と認識されたのかケージの端から端まで追い掛け回され
噛みつかれ引掻かれて
『コイツ、俺に懐いてるぞ!獲物認定されちゃったよ。かわいいな~。俺フェレットがいいかも。』と
御満悦でした(笑)
どんだけの人なのと思いました(^^;)

ちなみにそのフェレちゃん、私には噛みつかず普通に遊んでくれたんですが(^^;)
動物って、噛んでもいい相手、噛まれて嬉しい相手を
しっかり認識できるんだな~と思ったのでした(笑)


【2008/10/11 12:17】 | かずさ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
決意
気付けばもう10月。早いモンですね・・・。

ついつい9月のカレンダーを見て、なんだか曜日と日にちが合わないな~?

なんてボケボケをかましつつ(^^;)、

坊ちゃんの突発性湿疹と、息子の中耳炎で通院&看護の日々を送ってます私です。

今年はなんだか、沢山の訃報が耳に入ります・・・。

言える事は、皆、沢山沢山愛されて幸せだった子ばかりだった。

どう頑張っても努力しても、見送った者に残るのは

悲しみと後悔だけれど、

旅立った子達は、一切後悔もなく

幸せだった・沢山愛された・ありがとうって事だけだったんだろうなと思うのです。

最近になって、ようやくかずさもそうだったのかな?

だから、最後に傍に駆け寄って来てくれたのかな?

私の元に来てくれたのかな・・・。

と、素直に思えるようになりました。

そして、また兎と暮らしたい。

これだけ沢山の愛と出会いと別れを肌で感じ、

もう一度私も一からそういう相手を見つけたい。

一緒に楽しみも幸せも分かち合いたいというのが

心の中に確実に、確定としてわいてきました。

かずさの代わりじゃなく、もう一匹の私の子として。

ダンナ殿も、許してくれました。認めてくれました。

家庭にちょっと色々あったのもあるんですが(浮気とかじゃないんで御心配なく・笑)

実は密かに私より引きずっていたのはダンナ殿でした。

泣いたり言い出せない分、私が悲しみと途方にくれてた分、

自分は前向いてないとと、頑張ってくれてたようです。

でも、やっと二人して、素直に、正直に、普通にかずさの事を話せるようになり

また、前のような兎と暮らす事をしてみたいと思えるようになったのです。

正直、まだ不安と心配はあります。

またかずさのように突然亡くしてしまうのではないか?

病気をあれこれさせてしまうのではないか?

何より赤ん坊のいる我が家。

ストレスや不安を兎自身に与えてしまうのではないか?

考え出したらキリがないです。

キリがないのだから、一つ一つやっていかなくちゃわかりません。

出た所勝負、勘に委ねて今まで生きてきた私。

ダンナ殿との結婚だってある意味賭けです(笑)

一目ぼれ半分で付き合った当初から結婚を考えてました。

早急すぎるとか、もう少し考えろとは散々周りから言われ続けた私ですが

この勘に頼った決断で不思議とそんなに後悔した事は余りないんです。

却ってグズグズした優柔不断な自分に任せた判断の時ほど

後悔は募るばかりです。

崖っぷちこそ我が人生!(・・・ってよく考えたらなんと言う)

・・・とは言え、運命の子に出会わずにお迎えできるもんでもありません。

可愛い♪だけでは命を預かることはできません。

自分の子にするんですから。

なので、しばらくアチコチ出歩いてみたりしようと思います。

いつでもお迎えできるように、それでいて何年もかかる気持ちで。

猫とか、ハムスターを・・・とも考えていたんですが、

やっぱり兎(^^;)

兎と暮らしたい。

兎に取り付かれちゃってます、もうドップリと。

なので、いつか新しい家族を紹介するかもしれません。

どうか、その時はまたお付き合いくださいね?





【2008/10/09 03:04】 | かずさ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
図画×なんだけど、許してください
絵が苦手だ。

通知表の図画工作の総合評価は辛うじて≪3≫だったけれど

分野ごとにわかれてる○×をつける欄では、いつも『図画』は×か△(^^;)

小6の時のババァの担任には、何度『悪い絵の見本』として

みんなに曝された事だったか(T▽T)

(もう子供心ズタボロ)

だから、絵心もないし描きたいなんぞ思った事もないんだけど

どうしても、これだけはふと描かずにはいられませんでした。

つうか、なんか勝手に手が描いてました(^^;)

好きな漫画家さんが描いたうさぎちゃんをモチーフに拝借し(^^;)

かずさが、こうしてるんだろうな~と思って。

かずさを忘れないでいてくれてる人たちが、

『きっとこうしてるよ』って言ってくれたから。

画像 047


色塗ったらやっぱり図画×の身。

すっげー変になっちゃったんだけど、

下書きは先に保存しといてよかった・・・。

消しゴムのカスまで残ったまんまなんだけど(^^;)

でも、きっとお月様でこうやって、

みゅうさんをアンコ餅で持て成してんでしょ?かずさ。

お疲れ様、いっぱい愛されて幸せだったね♪って。

あちしは、母様のようなドケチじゃないから、いっぱいいっぱい作ったからねって。

美味しいかい?アンコ餅・・・。

【2008/09/12 12:24】 | かずさ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
みゅうさんを想う
『ちったん☆Web』 のちったんさんの愛兎、『みゅう』さんが

お月様に帰られたそうです。

みゅうさんは歯根膿瘍を患われていて、

ずうっとちったんさん、ちったんさんのダンナ様ヨチャ様とともに闘病されてました。

完全治癒が難しい病気にもかかわらず

決して後ろ向きにならずいつも前を向いて

辛い治療も、療養も何もかも一緒に乗り越え

お互いに支えあい、信頼しあい、たくさんの愛情と心の繋がりを

沢山ブログでも拝見させていただき

その幸せのお裾分けを沢山私もいただいてきました。


なによりも、ちったんさんとみゅうさんお互いの愛情が

本当に本当に本当に羨ましくて

腕枕して一緒に寝るとか、『私にも添い寝させて~!!』と

何度身悶えたことか・・・。


かずさも、歯根膿瘍で骨の変形もあり、余命宣告されたことがあります。

そんな絶望感や孤独感の中、何か情報がないかと始めたブログ訪問。

同じ病気と戦い、それでも明るく楽しく記事を書かれてるちったんさんに

励まされ、憧れ、沢山の事を学ばせていただき、

そして自分もブログを始めるきっかけになったお一人でございます。

ちったんさんは本当に優しく可愛らしく、何度も何度も励ましてくれたり

心配してくれたり、大切な大切な友人の一人にまでなってくださいました。

そんなちったんさんの愛兎みゅうさん。

本当にちったんさんの愛情タップリ受けてらしたので

これがもう可愛くてかわいくて♪

『かずさと、こういう関係になりたいわ~』と何度思った事か。

そしてかずさが旅立った時も、本当に親身になってくださり

強がる私を、何度慰めてくださった事か・・・。


そんなみゅうさんが、お月様に帰った・・・。

一度体重が減ったもののちったんさんの献身的な介護で

徐々に復活されてたと聞いて本当に嬉しかったのに・・・。

血の気が引き、鳥肌が立って涙しか出ませんでした。

かずさの時と違うショックが、胸をついてやみません。

どんあに頑張っても、どんなに努力しても

残されたものにまず残るのは悲しみと、後悔です。

あぁしておけばよかった、こうすれば・・・と

絶対に残るものなのです。

でも、旅立ったみゅうさんには、

後悔なんて一切残らなかったんじゃないかな、と思うのです。

だってちったんさんに、ヨチャ様に深く深く愛され、

本当に最後の最後まで頑張ったんですから。

一緒に頑張ってくれた最愛のちったんさんがいたんですから。

ちったんさんと暮らした日々、楽しかった事、幸せだった事が

とっても沢山あったから、

きっとまたねって言って、お月様にいったんじゃないかなと思います。

とても悲しいけれど、心からみゅうさんの御冥福をお祈り申し上げます。


今頃、かずさもアンコ餅を作りながら

みゅうさんを迎える準備をしているかな?

みゅうさんも、お月様ではいろいろ食べれるよね。

いいか?かずさ。

母様の悪口とか余計な事言わなくていいからね?

どうか、仲良くお月様でみんなをみまもっていてね・・・。










【2008/09/10 16:05】 | かずさ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ケーキ
出来上がりのケーキです。

画像


生クリームの泡立てを 面倒なので

やりたがった娘に 押し付けて 一任したら

泡立て過ぎてちょっと分離しちゃいました(^^;)

しかも生クリーム自体足らんし(笑)

デコレーションは息子のチョイスのアラザンとミックスカラースプレーとチョコスプレーを

これでもか!!

とかけてくれてました。ハイ。

子供らしい制作のケーキという事で

褒めちぎってあげるのが、これも親の愛かと(^^;)

心配してた冷蔵庫の保存も、

こんな大きさなのに4分の一をダンナ殿は平らげ(嬉しさもあったらしい)、

子供達もそれぞれに半分以上食ったので

なんとかラップをかけしまうことができました。

我が家は甘いものには化け物並みの食欲を見せるのか・・・。と、

改めて思った誕生日ケーキでした(^^;)

【2008/09/04 16:26】 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。